初盆のフンワリ大きなアレンジメント

東京は今日がお盆です。


私の田舎は8月がお盆でずっと全国共通だと思っていたので、お花屋さんに勤めて初めて東京のお盆が1ヶ月早いことを知り驚いたものです。
飾るものも飾り方も違うのですねー。

それでもご先祖様をお迎えする為に準備する思いは一緒です。


そしてこの度は初盆のアレンジメントのご依頼がありお作りさせていただきました。

お引き受けするにあたり、この酷暑なのでとにかく暑さに強い花材でしかも新鮮な花は必須です!
挿し方もより深く!!

配送にしても、極力暑い場所への留め置きのないように事前に綿密な聞き込み⁈をして、新鮮な花材が充分に揃うか、また配送に耐えられそうかシュミレーションした上、お引き受けできる旨回答差し上げました。

トルコギキョウメインのお供えのアレンジメントとのご依頼でしたが、ドウダンツツジを添えて軽やかに、ユリも発送から到着まで一日半かかる環境を考えて、お作りしている最中に綺麗に満開の花は敢えて落とし、お届けされた時に咲く事を想定して蕾のユリを配置しました。

通常のアレンジメントよりも難しい状況でしたが、それだけに沢山の事を学ばせて頂きました。
お客様が癒されたり喜んで頂けるのが私のやり甲斐である事をしみじみ感じるご依頼でした。