ハランと竹の皮で花器作り

大学生になってスノボーを始めた長男が北海道から帰ってきました。

楽しかったとか疲れたよりも先に出た言葉が「野菜が食いたい!」

貧乏旅行で素泊まりの宿だったらしく、コンビニで炭水化物ばかり買っていたのか、ろくな食事をしていなかったのでしょうね^^;

サラダやら普段はあまり食べない野菜炒めももりもり食べていました。
少しは母の有り難みを感じたかな??


スキーシーズンもそろそろ終わりに近付いて春の花として大人気のラナンキュラスが見られるのもあとひと月。 

この度のレッスンはそんなラナンキュラスを主役に葉物達で花器から制作しての『贈る花』をレッスンしました。


贈られた方が手を掛けずにそのままインテリアの一部として楽しめる花贈りのレッスンはマミフラワーオリジナルです。

今回の花材のハランと竹の皮を層にして張り合わせ茎を上部でクロスさせ持ち手にしてバッグのように移動可能に。

と、ここまでは私がデザインしたものですが、その中に吸水性スポンジと竹の皮で器を作って、皆さんにはそこに花たちを自由に生けて貰いました。  


今回受講されたお二人共花器から作るレッスンは初めてだったので、仕上がったアレンジメントを見ながら

「可愛い~!」
「楽しかった!!」

と、私が想像する以上に楽しんでいただけたようで私まで嬉しくなりました( *´艸`) 

皆さんにも花材から花器をデザインするところからやって頂く日も近いと思います。


一人の方はその日がちょうどご主人様のお誕生日でしたので、きっとお二人でこのアレンジメントを仲良く眺めていらっしゃることでしょう。

まさに『贈る花』ですね!