ボケでモダンな花くばり

一年で一番冷え込むこの時期はお花が長持ちするのでありがたいです。 

でも暖かい国のお花には辛い季節であることを花屋に勤務して実感!

オンシジュームやアンスリウムなどの長持ちする印象のお花が店では寒くて萎れてしまうのです(O_O)

そんな時は店長から頂いて帰って暖かい部屋に飾って長く楽しませて貰います。

そんな日本とは季節を逆にする花を使って先日娘に花くばりのレッスンをしました。

配りの枝は『ボケ』

ボケながら花を生けたわけではありませんよ!念の為。

私を知る人はタイトルを見て勘違いしているかも(⌒-⌒; )


レッスンで用意した花材はアンスリウム以外にユリ、キク、カーネーションでしたが、彼女はアンスリウムのみを選びました。

器に関しては白い大きな正方形の水盤と黒くて細長い器を用意したところ黒い器をチョイス!

その辺の選択は私の内心と同じでやっぱり親娘だなーと思ったり…

 
 
出来上がったデザインは至ってシンプル。

吸水性スポンジを使わずに枝だけで花留めをしているので、何日かおきにお水を足すだけでボケも萎れかけたアンスリウムも未だに元気です。

 
我が家は洋風のインテリアでは無いのでこんなお花が空間に合うようです。