ふんわりタップリ!昇進のお祝いに華やかなデザイン

昨日の暑さからは打って変わって寒い一日になったので、今日の予定はやんわり流して久しぶりにのんびりしています。

 

母だって忙しく働いているのですから今日の勤労感謝の日は堂々とダラダラ。

 

と言いながらブログを書いています(^^;

 

 

お陰様でクリスマスリースのレッスンも半ばに差し掛かり素敵な作品が出来上がっていますが、そのリポートはまた後日のお楽しみに( *´艸`)

 

 

今日ご紹介するのは先週突然いただいたオーダーで自分史上最大!と言っても過言ではなく、お話をいただいた瞬間どんなものをお作りすればよいか途方に暮れました(^^;

 

オーダー主は大学時代のサークルの先輩で今では立派な会社を経営されている方。

大変お世話になっている方が社長に昇進されたのでその方へのお祝いとして贈るインテリアフラワーを私にお任せくださいました。

 

贈る相手の方はおそらく60歳前後の男性なことと長野県出身であること。

それ以外詳しい情報はお忙しい方なのでなかなか聞き出せず、一任されたからにはいろんな角度からイメージしてデザインしました。

 

*ご自宅でも会社でも、どちらに置いても邪魔にならず見栄えのする、しかも発送可能なサイズ内に収めること。

*会社の場合、独立した棚に置きたい時の為に両面から見られること。

*器が陶器なので地震を考慮して床に飾った時に上から眺めても綺麗なこと。

*社長ご自身が長野の自然の中で育たれたので、ナチュラル感溢れた花選びとふんわりと野にあるような動きを出すデザインであること。

*品のあるデザインであること。

*この花を見た方々が癒されたり笑顔になるデザインであること。

 

そんなことをイメージして仕入れをしてお作りしようと思いました。

 

 

でもいざ制作に取り掛かると器が大きくかつイレギュラーな形なので、スポンジのセットからして大苦戦で久しぶりに胃が痛くなりました(;・∀・)

そしてやっとできた土台もどこから挿し始めて良いものやら途方に暮れました…

 

結局その日は器と対峙しただけで本番には至らず、キッチンにある一番大きなボウルに適当にスポンジを詰めてざっくりと花たちを挿して、いわゆる予行演習(^^;

 

でもそのひと手間のお陰で後日いざ本番となってからはスムーズに手が動いてくれて、用意したたわわな花たちを全て使い切り予想していた買い足しもなく無事フィニッシュ!

 

 

代金が発生することに対してこの言葉を使うべきではないのですが、先輩のお蔭でとても良い勉強をさせていただいたと感謝しています。

 

挿す時間の何倍もの時間をかけて準備した末に完成した、記憶に残る大切な商品になりました。

贈る方の感謝の気持ちが伝わりますように、そして贈られた方が末長く楽しんでいただけますように。