ガラス器への投げ入れでいいこといっぱい!

お盆休みに入りこの時期暇な花屋の仕事もしばらくお休みです。

 

できた時間はずっとペンディングにしていた新しい事への着手を頑張りたいと思っています!
あと家事も…お風呂場、ベランダ、キッチンの掃除。
それとお昼ご飯もきちんと作らないと^^;
夏休みで単身赴任先から主人が帰ってきているので作り置きや外食というわけにはいかず食事の回数や量も増えます。
普段如何に手抜きをしているかを実感。
そんな中先日は娘の仕事のお休みに合わせて久しぶりに実家で息抜きしてきました(⌒-⌒; )
特に何をするでも何処に行くでもありませんでしたが、夜は賑やかにお夕飯を食べながらお酒が強い娘がしっかり父の晩酌のお相手をしていて頼もしい限り。
結構飲んでも酔っぱわない娘が羨ましいです。
父と母の嬉しそうな顔を見ていると月日の流れをしみじみ感じる夜でした。
本日はそんなお酒好きの娘のオリジナルフレッシュフラワーアドバンスコースの2回目!
『ガラス器への投げ入れ』
花材やガラス器の形状によって投げ入れ方法も変わります。
2種類の手法をレクチャーした後にどちらにするか選ぶのですが、今回は茎がしっかりしたお花だったのとガラス器の胴の部分が太かったので、茎を底まで付けずに途中で交差しながら花を留める手法での実習になりました。
最初はアレンジメントの上部が上手く開いてくれなくて細長い感じになってしまいましたが、何度かやり直していくうちに綺麗に広がった投げ入れが完成して本人も納得!
やり直しがきくのもメリットです。
お花はこの時期にしてその後一週間持ちました。
ガラス器なので水も涼やかだし汚れの様子もよくわかります。
暑い季節にもってこいのアレンジメントと改めて感じました。